米中間選挙が左右するキューバの命脈

執筆者:浅井信雄 2002年10月号
エリア: 中南米

 さる八月十八日、キューバ・ハバナ港にアメリカ製食料品百三十二トンが入港した。両国間の本格的貿易は一九五九年のキューバ革命後にアメリカが貿易を禁止して以来である。 他方、七月二十一日には元キューバ国連代表がアメリカに亡命した。最近では珍しい高官の亡命で、彼は「キューバ社会は爆発へ進行中」と証言している。 この二つの動きは、アメリカの融和策が困難を抱える革命キューバを救済するかどうかを問いかけている。革命キューバの足跡に役割を果たした重要な民族的要素は、アフリカ系キューバ人(黒人)と、アメリカに亡命した主としてスペイン系キューバ人(白人)である。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top