いまアル・カエダが狙うのは「腎臓病の名医」

執筆者: 2002年11月号
エリア: アジア

 テロ組織アル・カエダが、腎臓病の名医の拉致を世界各国で計画しているとの情報がある。 フランスの情報当局筋によると、オサマ・ビン・ラディンはこの夏、持病の腎臓病が悪化、アフガニスタンかパキスタンで腎臓の移植手術を受けたものの経過は思わしくなく、新たな手術が必要で、このままでは命が危うくなるほど病状が深刻になっている。このためビン・ラディンの側近らは世界中に散らばるアル・カエダのメンバーに対し、腎臓病の治療や手術で名だたる医師を拉致し、ビン・ラディンの元に連れてくるよう秘密指令を発したという。 こうした情報は、現在逃走中のタリバン最高指導者、オマル師の衛星電話による通話をスパイ衛星で傍受し、暗号らしき会話を解析した結果、得られたとみられる。しかし、ビン・ラディンの所在についてはフランス当局も把握していない模様だ。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top