「パフォーマンス見本市」ダボス会議で日本の迷演

執筆者:楠佳史 2003年3月号
カテゴリ: 経済政策・社会保障
エリア: 日本

「来年は『日本が世界を救う』討論会をやりたいものです」。一月二十五日夜。マイクを握った氏家純一・野村ホールディングス社長が英語で挨拶すると、内外合わせて約二百人の「ジャパン・ディナー」列席者がどっと沸いた。もっとも、大半は苦笑交じりである。 各国の政治指導者、企業トップ、学者らが膝詰めで討論を戦わす世界経済フォーラムの年次総会(ダボス会議)。今年も二千人を超す世界の指導層が集まった。 二百七十に及ぶ公式の討論会に始まり、氏家ら日本の経済人が主催したジャパン・ディナーのような朝昼晩の食事会や商談などでも情報が飛び交う。それらが参加者を通じてアレンジされ、世界に発信されるのがダボス会議である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top