富士通を銀行業界が見切り始めた

執筆者: 2003年6月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

 富士通の経営に赤信号が灯り始めた。主力事業の銀行向けコンピューターシステムで銀行からのキャンセルが相次いでいるのだ。 昨年十一月、島根銀行が勘定系システムの開発・運用で富士通への委託を中止。今年三月には北日本銀行(岩手県)も富士通に基幹系システムの開発委託解除を通告し、五月には十八銀行(長崎県)、佐賀銀行、筑邦銀行(福岡県)の九州地銀三行も基幹系の開発契約を切った。 いずれも原因は富士通側の開発の遅れ。つまずきの発端は昨年四月のみずほ銀行のシステム障害。旧第一勧銀・富士通と旧富士銀・日本IBMの両陣営が張り合った末、焦点の勘定系を一勧・富士通連合が取ったものの、経営統合直後の未曾有の大トラブルで富士通も信用を失った。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top