財務省人脈のかなめ 武藤日銀副総裁の実力

執筆者: 2003年8月号
タグ: 日銀 竹島
エリア: 日本

 小泉政権における財務省人脈のキーパーソンが武藤敏郎日銀副総裁であることは衆目の一致するところだ。上にも下にも同期にも、彼の地位を揺るがしそうな人物はいない。小泉首相の直々の指名を受けて日銀副総裁に就任し、五年後には総裁への就任も見込まれるとあって、武藤の影響力はさらに高まっていきそうな気配だ。「花の四十一年組」と言われた同期の中で、もともと武藤は優秀ではあれそれほど目立つ存在ではなかった。同期にはあの中島義雄・元主計局次長や長野厖士・元証券局長などの「スター」がいた。しかし、彼らはスキャンダルで役所を去り、残ったのは派手さとは無縁の武藤の方だった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top