対イラク「民間債権」日本勢の回収は難航か

執筆者: 2003年9月号
タグ: 日本 韓国
エリア: 中東 アジア

 対イラク債権問題で、日本を含む主要債権国会議(パリクラブ)は返済の猶予を決めたが、これに含まれていない民間部門の債権に関して、米国でシンジケートのような組織を結成して共同で取り立てようとする動きが出ている。 ワシントンのイラク専門家らが各国の民間企業に呼びかけているものだ。このメンバーには米欧の企業のほかアジアでは韓国財閥・現代グループの名が挙がっている。現代は、自動車販売のほか、現代エンジニアリングがプラントなどイラクのインフラ整備を手がけていた。主要国の企業が手をひいた一九九〇年に始まる国連の対イラク経済制裁中も一部続けられていたとみられている。

カテゴリ: 政治
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top