グルジア大統領選は米露角逐の幕開き

執筆者: 2004年2月号
カテゴリ: 国際
エリア: ロシア 北米

[トビリシ発]グルジア大統領選挙で、昨年十一月の無血政変でシェワルナゼ前政権を倒した旧野党指導者のミハイル・サーカシビリ氏(三六)が圧勝した。一月二十五日に正式に大統領に就任する。同氏は投票日の一月四日夜、首都トビリシ市内で開かれた支持者集会で、出口調査で得票率が八五・八%に上ったとの結果を基に「これはあなた方の勝利だ」と述べ、早々と勝利宣言した。実はこの時点で中央選管の集計結果はまだ発表されておらず、極めて異例の勝利宣言だったが、マイルス駐グルジア米大使も「サーカシビリ氏の当選を確信している」と援護射撃し、親米政権誕生を祝った。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top