【ブックハンティング】 アメリカ「民主主義」の原理をえぐる

執筆者:伊藤正 2004年4月号
タグ: アメリカ 日本

 新渡戸稲造の英文書『武士道』の対訳本が売れているという。渡辺謙がアカデミー賞にノミネートされたこともあって大ヒットしたアメリカ映画『ラストサムライ』の影響にほかなるまい。かなわぬと知りつつ「近代」に抗い、滅んでいく武士たちの気高い生きざまを情緒豊かに描いた映画だが、一カ月ほどして再度観たときには印象が違った。その間に刊行された本書『銃を持つ民主主義』(小学館)を読んだせいだと思う。 本書はアメリカという、民主主義の理想を具現すべく造られた国家における「銃」の意味を、さまざまな角度から解剖した労作である。本書には、執筆後に公開された映画への言及はむろんない。しかし最近のイラクでも見たように、理想の追求だけでなく、安全も国益も武力で守り、獲得するというアメリカの伝統を、改めて本書に教えられると、『ラストサムライ』では、「銃」がアメリカを象徴していることに気づかされた。

カテゴリ: 文化・歴史 書評
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top