【火】台湾「総統選」、米国産原油輸出問題

執筆者:フォーサイト編集部 2015年10月20日

今朝は、「専門家の部屋」の「中国」に「国民党『総統候補交代』の狙いは『立法院救済』か」(野嶋剛さん)をアップロードしました。総統選直前になっての候補者交代に踏み切った国民党。苦渋の決断の背景には、同時に行われる立法院委員選への対応、戦略があるようです。

 

また、同じく「専門家の部屋」の「アメリカ」には「活発化する『米国産原油輸出解禁』への動き」(足立正彦さん)の新エントリ。シェール革命のお蔭で原油を輸出するべきとの議論にわく米国。共和党は解禁派ですが、オバマ政権は慎重派。大統領選、連邦議員選後の新政権の対応が注目されます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top