フォーサイト「2016年の注目点、気になること」(地域編)

 フォーサイト編集部です。新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。本年は新年を迎えるに当たり、執筆者の方々に「2016年の注目点、気になること」をお聞きし、それを【地域編】と【テーマ編】にまとめてみました。こちらは【地域編】です。お楽しみください(順不同。タイトルをクリックすると、それぞれの執筆者の記事一覧ページにジャンプします)。

 

【中国・台湾:野嶋剛】日中関係は穏やか? 国民党は激震も

 日中関係はどう動くか。2015年は明らかに回復基調に入った。歴史問題や尖閣諸島問題で双方とも総じて抑制的な対応に徹し、雰囲気は良くなっている。16年は日中韓やG20、APEC(アジア太平洋経済協力会議)など、マルチの場での日中首脳会談は確実に組まれるだろう。米中関係でライバリー(競合的)な部分が目立ってくると、日中関係は安定するのが常。突発的な問題が起きさえしなければ、16年は南シナ海問題などで不安定さが続く米中関係の下で、日中関係は逆に穏やかな1年になるのではないだろうか。
 台湾では1月に総統選があり、5月に新総統が誕生する。いまのところ、民進党への政権交代が起きる可能性が高い。馬英九政権下で大きく改善した中台関係は、一時的に勢いを失うだろう。16年は中国にとって民進党政権に対する「観察期」になり、恐らく、大きな動きは出てこない。一方、台湾内政は総統選での負け方次第で、国民党の分裂や政界再編が起きる可能性がある。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top