逆張りの思考
逆張りの思考

土木女子ドラマはどうだろう

執筆者:成毛眞 2016年11月24日
エリア: 日本

 以前は全くと言っていいほど見なかったドラマを、最近はよく見ている。きっかけは前にも書いたようにアメリカで製作されたコロンビアの麻薬王のドラマだったのだが、これがことのほか面白く、それなら日本のドラマも面白いのではないかと考え探していたところ、WOWOWのオリジナルドラマが、原作がしっかりしていて役者もいいという評判を耳にした。早速見てみると、やはり『しんがり~山一證券 最後の聖戦~』『沈まぬ太陽』『空飛ぶタイヤ』などが面白く、職業もののドラマなら地上波でも面白いものをやっているのではないかと気にするようになった今年、『重版出来!』というドラマにはまった。出版社の女性新人編集者が奮闘する物語で、主演の黒木華(はる)さんもストーリーも実に良かった。と思っていたら、今度は石原さとみさん主演で『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』である。これもまた出版業界の話であり、やはり興味深く見ている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top