饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(222)

「おもてなし」でも治せなかった比「ドゥテルテ大統領」の暴言癖

執筆者:西川恵 2016年11月24日
「暴言を止める」と言ったのも「冗談」だったらしい(C)時事

 

 フィリピンのドゥテルテ大統領。三笠宮崇仁さまの逝去と重なったため、天皇陛下との面会はかなわなかったが、訪日期間中の「おもてなし」を、親日家として十分に満喫したようだ。

 

中国との綱引き

 同大統領は10月18日から4日間、中国を訪問し、続いて25日から27日まで日本を初訪問した。最初は日本訪問が先に決まっていたが、中国が割り込んだ。習近平国家主席は同大統領を厚遇し、フィリピンに対して90億ドルの融資を約束し、バナナなどにかけていた関税撤廃も決めた。南シナ海問題で懐柔を図ったのは明らかだった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、さらに『知られざる皇室外交』(角川書店)が発売中。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top