【火】中東危機の震源、トランプ政権予測

執筆者:フォーサイト編集部 2017年1月3日

本日の更新記事は以下の2本。

「中東―危機の震源を読む(92)『世俗主義の象徴』を狙ったテロはエルドアン政権の支持層強硬派の突き上げか?」(池内恵さん):1月1日、トルコ・イスタンブールのナイトクラブで起こった銃乱射テロは、エルドアン政権の元来の支持層が起こした可能性が濃厚。支持基盤の一部をなす勢力を敵視し弾圧する内政上の権力闘争の、ツケが回ってきたということか。

「波乱必至:予測不能の『トランプ政権』を予測する手掛かり」(アメリカの部屋、渡部恒雄さん):トランプ氏の経験不足と、アドバイスを素直に聞けない独善的な態度は、予想外の「ディール」を含め予断を許さず、同盟国にも敵対国にも緊張を強いるものとなりそうです。

「池内恵の中東通信」では、「1年前と8年前と:新年の中東の紛争を『フォーサイト』連載で振り返る」の新エントリ。1年前はサウジとイランの激突が、8年前にはイスラエルとパレスチナ・ガザ地区のハマースとの間の「ガザ戦争」が激しく戦われました。フォーサイト連載で振り返ります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top