【金】メディアパルト、北朝鮮、南スーダン

執筆者:フォーサイト編集部 2017年1月13日
タグ: 金正恩

本日の更新記事は、広岡裕児さんの「仏ニュースサイト『メディアパルト』成功の秘密(下)『独立したメディア』の重要性」です。スクープと奥深い記事、そして読後に”何か”をもたらしてくれる情報――。メディアパルト編集長は、メディア全体に通じる「欠くべからざる要素」を語っています。

 

そして「専門家の部屋」では、「朝鮮半島」と「国際機関」にそれぞれ下記の新エントリがあります。

2017北朝鮮「新年の辞」(中)異例の「自己批判」が意味するもの(朝鮮半島・平井久志さん)「いつも気持ちばかりが先走って能力が及ばないもどかしさと自責の念」――こんな言葉が、「新年の辞」で金正恩党委員長の口から飛び出しました。きわめて異例の自己批判ですが、その真意は?

 

「南スーダン制裁決議」に見るアメリカ外交の敗北(国際機関・鈴木一人さん)「堅固な日米関係」が、ここでは袂を分かつ形になり、アメリカ主導の安保理決議は採択されませんでした。その原因はアメリカの拙速さにありました。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top