鑑定「4億円」以上「ペルー古代土器」数奇な変遷

執筆者:フォーサイト編集部 2017年5月15日
エリア: 中南米 日本
貴重な土器の数々(日下部家所蔵)

 

 標高2400メートル以上、アンデス山麓に連なるウルバンバ谷沿いの尾根に残るインカ帝国の遺跡「マチュピチュ」。あるいは、乾燥した高原の地表面に描かれた動植物などとみられる巨大な幾何学図形「ナスカの地上絵」――。南米ペルーには、古代アンデス文明の流れにある「世界遺産」の遺跡が多い。それだけに、いまにいたるも文化的な遺産である貴重な土器などが発掘され、盗掘も後を絶たず、闇から闇に売買される「秘宝」が多く出現することでも知られている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top