「反体制」「武器」「強盗」「裁判」――数奇な運命をたどった印象派コレクション

執筆者:フォーサイト編集部 2018年2月12日
エリア: ヨーロッパ アジア
ピエール=オーギュスト・ルノワール『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)』 1880年 油彩、カンヴァス 65×54cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

 

※この記事は2017年8月2日にアップロードしたものですが、2月14日から始まる「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」に合わせて、再度アップいたします。「ビュールレ・コレクションとはいかなるものか」を知るだけで、展覧会をより楽しむことができるでしょう。

カテゴリ: 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top