野口悠紀雄さんが新著を刊行!

執筆者:フォーサイト編集部 2017年10月18日
カテゴリ:

 好評連載「マネーの魔術史」の筆者である野口悠紀雄さんがこのたび、新著『異次元緩和の終焉 金融緩和政策からの出口はあるのか』(日本経済新聞出版社)を刊行されました。

 

 今も続けられている異次元金融緩和政策ですが、実体経済に影響を与えることができず、「金融政策は死んだ」。 これにより、国債市場でも株式市場でも日本銀行の存在が巨大化し、金融市場を殺してしまいました。ここに金利上昇が加われば、日本経済そのものの「死」に結びつきかねません。今必要なのはインフレ目標の達成にこだわることなく、できる限り早くこの異常な緩和政策から脱却すること。その際に起こりうる経済と市場の混乱を最小限にとどめるために、何が必要かを早急に検討すべきだ――そんな野口さんの分析と提言を、ぜひご購入のうえ、お読みください。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top