ウォーターゲート事件「ディープスロート」の真実:映画『ザ・シークレットマン』監督インタビュー

ウォーターゲート事件の「ディープスロート」マーク・フェルト(リーアム・ニーソン)(C)2017 Felt Film Holdings,LLC

 

 米大統領選挙の真っ只中だった1972年6月17日。ワシントンDCのウォーターゲート・ビルにある民主党本部に、盗聴器を仕掛ける目的で侵入した男たちが逮捕された。これが、1974年8月9日にリチャード・ニクソン大統領の、史上初の任期中の辞任にまで発展した「ウォーターゲート事件」の発端だった。

 この事件をテーマにした映画としては、ロバート・レッドフォード、ダスティン・ホフマン主演の『大統領の陰謀』(アラン・J・パクラ監督、1976年。アカデミー賞4部門を受賞)があまりにも有名だが、こちらは一貫して事件を報じ続けた新聞記者の視点で描かれたものだ。

カテゴリ: 政治 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top