巨匠マネを虜にした「ベラスケス」の「リアリズム」と「革新性」

ディエゴ・ベラスケス《王太子バルタサール・カルロス騎馬像》 1635年頃 油彩、カンヴァス 211.5×177㎝ マドリード、プラド美術館蔵  © Museo Nacional del Prado

 

 フランス絵画の巨匠エドゥアール・マネ(1832~1883年)をして、「画家の中の画家」「彼は私を驚かせたのではなく、私を虜にした」とまで言わしめたディエゴ・ベラスケス(1599~1660年)。そのベラスケスの傑作7点が、現在、国立西洋美術館で開催中の「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」で公開されている。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top