「炎の男」「ケープペンギン」「食肉加工場」――世界「最前線」報道写真家が捉えた「今」

ロナルド・シュミット(ベネズエラ、AFP通信)、2017年5月3日(カラカス・ベネズエラ)

  

 燃え盛る炎が今にも男を飲み込もうとしている。必死に逃げる男。その顔がガスマスクで覆われているのは、どういう訳か——。

 この写真、東京都写真美術館で開催される「世界報道写真展2018」(6月9日~8月5日まで)の目玉作品なのだが、一見しただけでは、何時、何処で、何を撮影したものなのか分からない。

 かつては「即時性」と「分かり易さ」が1番に求められた「報道写真」に、変化が起きている。スマホとSNSを使えば、誰でも「カメラマン」になれる今日、改めて問われているのが「報道写真とは何か」ということだ。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top