古代史作家・関裕二さんの講演があります

執筆者:フォーサイト編集部 2018年10月16日
カテゴリ:

大好評連載「国際人のための日本古代史」でお馴染みの関裕二さんが講演を行います。テーマは「太子信仰の謎」。ぜひ奮ってご応募してください。

『日本書紀』が聖徳太子(厩戸皇子)を絶賛し、聖者だったと記録したから聖徳太子が信仰の対象になったのではない。太子信仰が盛んになったのは平安時代のことで、これには仕掛け人がいた。彼らは純粋に聖徳太子を礼讃したかったわけではない。社会の底辺に潜み虐げられていた彼らは、太子信仰を広めることで特権を獲得しようと目論んだのだ。「なぜ?」「どのように?」……。太子信仰のカラクリを、解き明かす――。(講演案内より)

■日時:10月28日(日)

    第1部=13:00~14:30(※こちらの回はすでに定員に達したため締め切られています

    第2部=15:30~17:00

■場所:奈良まほろば館2階中央区日本橋室町1-6-2)

■会費:500円

【申し込み方法など詳細はこちらから】奈良まほろば館 講座案内

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top