「ファーウェイ」本当は何がどうすごいのか

創業者である任正非CEOはあくまでも強気(C)AFP=時事

 

 米中貿易戦争の米側の照準が、完全に「華為技術(ファーウェイ)」に合わせられた。

 トランプ政権は今月、米企業との通商を禁じる海外企業のリストにファーウェイを加えた。これによって、ファーウェイは自社製品の部品の多くを調達困難になり、業績にも直撃すると見られている。

 さらにこの制裁に合わせ、米「グーグル」は今月19日、ファーウェイの端末に対して携帯端末用基本ソフト(OS)アンドロイドのアップデートを制限すると発表した。加えて、「ユーチューブ」や「マップ」などのグーグルの一部アプリも利用できなくするという。徹底的な「ファーウェイ排除」である。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
高見義信 技術ジャーナリスト
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top