民衆信仰「修験道」の過去・現在・未来(下)

『修験道という生き方』(新潮選書)共著者・田中利典師インタビュー

執筆者:森休快 2019年8月4日
エリア: 日本
「懺悔懺悔、六根清浄」の声とともに、足裏で修行する(写真提供・金峯山寺)

 

――最近は、「共生」とか「共存」という感覚が失われつつあるように思うのですが。異質なものと共存せず、むしろそれを排除しようとするような風潮が、インターネット時代になって顕著になってきたように思います。

田中:私もそう思います。

 たとえば今の子供たちは、小さい頃からスマホとかパソコンとかが目の前にあって大きくなっていっていますから、膨大な情報量に対してそれを判断し、自分の問題にして、自分の中でストーリーにしていくという知恵とか経験が乏しいんですね。もっと言うと、実は大人にもない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
森休快 フォーサイト副編集長。「休快」は僧名(高野山にて得度受戒)で本名・休八郎。 
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top