池内恵さん司会の「米イラン危機」シンポ開催

執筆者:フォーサイト編集部 2019年9月24日
カテゴリ:

池内恵さんが教授を務める東京大学先端科学技術研究センターが、イスラエルのテルアビブ大学との共催シンポジウム「米イラン危機を読み解く:グローバルセキュリティへの脅威にイスラエルと日本はどう向き合うか」を開催します。

開催日は、10月7日(月)の午後1時から。

会場は、「東京大学生産技術研究所 An棟2階 コンベンションホール」(東京都目黒区駒場4-6-1)。

シンポジウムは日本語・英語で行いますが、同時通訳がつきます

このシンポジウムは、東大・生産技術研究所がイスラエル・ベツァルエル美術デザインアカデミーと共催で行うシンポジウムと共同で行うものです。午後3時40分ー5時15分には生研・ベツァルエル美術デザインアカデミーによるプレゼンテーションが行われます。こちらにもぜひご参加をご検討ください。

その後、午後5時30分から7時まで、先端研と生研の合同で懇親会が行われます。社会科学と工学・デザインの分野を横断する、東大とイスラエルの学術機関との交流の進展を示す試みです。みなさま奮ってご参加ください。

入場無料、事前申込制です。

準備の都合から、10月1日までに下記のウェブサイトから事前申込みをして頂けると助かります。

【申し込みサイト】
 

なお、プログラムの詳細は、以下の通りです(PDFはこちらから)。

【Israel×Japan Symposium at UTokyo Komaba Research Campus 2019
イスラエル×日本シンポジウム@東大駒場リサーチキャンパス2019】

13:00-13:10 共同主催シンポジウム開幕挨拶
神崎亮平(東京大学 先端科学技術研究センター 所長) 
岸利治 (東京大学 生産技術研究所 所長)
Greeting & Opening Remarks
Ryohei KANZAKI (Director, Professor, UTokyo-RCAST)
Toshiharu KISHI (Director General, Professor, UTokyo-IIS)

第1部 Part I 13:00-15:10 国際安全保障 International Security
「米イラン危機を読み解く:グローバルセキュリティへの脅威にイスラエルと日本はどう向き合うか」
司会:池内恵 (東京大学・先端研)
“Iran-US Crisis: Israel and Japan Faced with the Global Security Threat”
Chair: Satoshi IKEUCHI, Professor of Religion and Global Security, UTokyo-RCAST

13:10-13:40 基調講演1:メイア・リトヴァク(テルアビブ大学)「新しい中東の秩序とイランの意図」
Keynote Speech 1 “Iranian Ambition in the New Middle East Order”
Meir LITVAK, Chair of the Department of Middle Eastern and African History and Director, Alliance Center for Iran Studies, Tel Aviv University

13:40-14:10 基調講演2:中山俊宏(慶應義塾大学)「トランプ政権の対イラン政策:ワシントンからの視点」
Keynote Speech 2 “US Policy on Iran under the Trump Administration”
Toshihiro NAKAYAMA, Professor, Keio University

14:10-14:30  コメント1:ブランドン・フリードマン(テルアビブ大学)
Comment 1: Brandon FRIEDMAN, Director of Research at the Moshe Dayan Center for Middle East and African Studies, Tel Aviv University

14:30-14:50  コメント2:池内恵(東京大学・先端研)
Comment 2: Satoshi IKEUCHI, Professor of Religion and Global Security, UTokyo-RCAST

14:50-15:10 討論  Discussions

15:10-15:40 休憩・ネットワーキング Coffee Break & Networking


第2部 Part II 15:40-17:15 科学&デザイン Science & Design
「デザインが先導する科学研究の価値創造」
司会:松永行子(東京大学・生研)、ロミ・ミクリンスキー(べツァルエル美術デザインアカデミー)
“Design-Led Science/Engineering”
Co-chairs: Yukiko MATSUNAGA, Associate Professor, Bioengineering, UTokyo-IIS
Romi MIKULINSKY, Head of the Master of Design Program in Industrial Design, Bezalel Academy of Arts and Design

15:40-16:15 科学とデザインの精神/ Sprit of Science & Design

山中俊治(東京大学・生研)
Shunji YAMANAKA, Professor, Prototyping Design, UTokyo-IIS

マイルス・ペニントン(東京大学・生研)
Miles PENNINGTON, Professor, Design Led Innovation, UTokyo-IIS

ロミ・ミクリンスキー(べツァルエル美術デザインアカデミー)
Romi MIKULINSKY, Head of the Master of Design Program in Industrial Design, Bezalel Academy of Arts and Design

16:15-16:55 イスラエル×日本共同研究
Israel×Japan Collaboration
   
ユリ・クレバノフ(東京大学・生研)
Yuri KLEVANOV, Project Researcher, DLX-Design Lab, UTokyo-IIS

松永行子(東京大学・生研)
Yukiko MATSUNAGA , Associate Professor, Bioengineering, UTokyo-IIS

イアル・フリード(べツァルエル美術デザインアカデミー)
Eyal FLEID, Lecturer, Master of Design Program in Industrial Design, Bezalel Academy of Arts and Design

16:55-17:15 パネルディスカッション
Panel Discussion


17:30-19:00 意見交換会 (生研As棟2Fホワイエ)
Networking Reception (IIS As Block 2F lobby)

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top