野嶋剛さんの新刊&イベントのご案内!

執筆者:フォーサイト編集部 2019年10月18日
カテゴリ:
二重国籍問題とは何だったのか――

 

「中国・台湾の部屋」の野嶋剛さんが編者の1人として参加した『二重国籍と日本』(国籍問題研究会編/ちくま新書)が刊行されました!

 2016年に世間を騒がせた蓮舫参院議員の二重国籍問題をきっかけに結成された国籍問題研究会は、弁護士やジャーナリスト、研究者からなる任意団体で、国籍問題について調査・研究を行っています。

 日本では「日本人=日本国籍保有者」というイメージが強くありますが、外国人の移住者や国際結婚が増える中、改めて「日本人とは何か」「国籍とは何か」ということを考えさせられる時代になってきていると言えるでしょう。

 そこで本書は、蓮舫議員やテニスの大坂なおみ選手などの象徴的なケースを紹介しながら、世界の潮流や日本の法制度の問題点などについて包括的に論じています。野嶋さんは大坂選手の国籍問題の他、蓮舫議員の二重国籍問題を巡るメディアの迷走について執筆しています。

 ぜひご一読ください!

 

 また10月30・31日には、台湾の18人の作家が日本での旅を綴ったアンソロジー『我的日本――台湾作家が旅した日本』(呉佩珍編訳、白水紀子編訳、山口守編訳/白水社)のイベントで、野嶋さんが司会・講師を務めます。

 

【講座】台湾カルチャーミーティング 2019年第5回目イベント(兼台湾文学フェスタ)~台湾人作家たちが見た日本

作家・女優の一青妙さんと本書の掉尾を飾る舒國治さんが、日本への旅の魅力を語ります!

日時:10月30日(水)18:30~20:30
会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター(東京メトロ虎ノ門駅より徒歩1分)
定員:80名(入場無料、予約制。30分前開場、自由席)
ゲスト:舒國治(作家)、一青妙(エッセイスト)
司会:野嶋剛(ジャーナリスト)

https://jp.taiwan.culture.tw/information_34_104446.html

 

「台湾と日本、それぞれの眼差し-作家の目を通した日台相互理解」

舒國治さんと野嶋さんが「台湾と日本」を語ります!

講師:舒國治氏、野嶋 剛(ジャーナリスト)
日時:10月31日(木) 18:30 〜 20:30
場所:コレド室町テラス2階 誠品生活日本橋 FORUM
ご参加:無料。椅子席 30名(事前にご予約が必要です)
主催:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター

https://seihin1031taiwan.peatix.com/

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top