「壁崩壊30年」でも成し遂げられない東西ドイツ「心の統一」(上)

執筆者:熊谷徹 2019年11月19日
エリア: ヨーロッパ
ベルリンの壁をハンマーで叩くベルリン市民たち (1989年11月、筆者撮影・以下同)

 

 ベルリンの壁が崩壊してから30年目の11月9日、ドイツ各地で記念式典が催された。しかし、この日の式典や報道には、手放しの喜びや祝賀気分が感じられなかった。ドイツでは壁崩壊から30年経ったにもかかわらず、東西の市民の間でアイデンティティの亀裂が深まっているからだ。経済格差は縮まったが、真の統一は完遂されていない。

深い傷の醜悪な瘡蓋

 フランク・ヴァルター・シュタインマイヤードイツ連邦大統領は、ベルリンのブランデンブルク門の前での記念式典で、

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
熊谷徹 1959(昭和34)年東京都生まれ。ドイツ在住ジャーナリスト。早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。ワシントン特派員を経て1990年、フリーに。以来ドイツから欧州の政治、経済、安全保障問題を中心に取材を行う。『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』(SB新書)、『イスラエルがすごい マネーを呼ぶイノベーション大国』(新潮新書)、『ドイツ人はなぜ年290万円でも生活が「豊か」なのか』(青春出版社)など著書多数。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top