輸入解禁「ペルー産・温州みかん」をもたらした日本人ファミリー

執筆者:フォーサイト編集部 2020年1月4日
カテゴリ: カルチャー
エリア: 中南米
イトーヨーカ堂に並んだペルー産温州みかん

 

 昭和から平成、令和へと時代が変わり、炬燵のない食卓が増えてもなお、「みかん」はまぎれもない日本の冬の風物詩だ。和歌山をはじめとする産地で年間70万トン以上が生産され、自給率は100%超。日本の代表的な果物と言える。

 一見、外国には「勝機」のなさそうな日本のみかん市場だが、そこへ進出したのが南半球に位置するペルーである。

 日本と気候が反対のため、国産みかんがあまり出回らない夏に「商機あり」というわけで、2018年に温州みかんの輸入が解禁。その第1弾が2019年夏に店頭に並んだ。2020年も第2弾が予定されている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top