コロナ禍で迫られる「命の選別」ドイツ医学界の提言「厳密ルール」の中身

執筆者:熊谷徹 2020年4月7日
エリア: ヨーロッパ
防護服やマスクの在庫をチェックするイェンツ・シュパーン独保健相。3月26日時点で、「現在は、嵐の前の静けさ」と語っていたのだが…… (C)EPA=時事

 

 中国に続き第2の震源地となった欧州では、最初の感染者が2月にイタリアで見つかってから2カ月経った今でも、ウイルスの拡大が止まらない。「欧州疾病予防管理センター」(ECDC)によると、4月5日の時点で欧州の感染者数は55万5809人、死者数は4万4955人に達している。

 欧州の感染者の大半はイタリア、スペイン、ドイツ、フランスに集中している。これらの4カ国で40万9687人が感染しており、死者数は3万6008人にのぼる。欧州全体の犠牲者数の約80%だ。

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
熊谷徹 1959(昭和34)年東京都生まれ。ドイツ在住ジャーナリスト。早稲田大学政経学部卒業後、NHKに入局。ワシントン特派員を経て1990年、フリーに。以来ドイツから欧州の政治、経済、安全保障問題を中心に取材を行う。『5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人』(SB新書)、『イスラエルがすごい マネーを呼ぶイノベーション大国』(新潮新書)、『ドイツ人はなぜ年290万円でも生活が「豊か」なのか』(青春出版社)など著書多数。3月に『欧州分裂クライシス ポピュリズム革命はどこへ向かうか 』(NHK出版新書)を上梓した。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top