【ブックハンティング】維新の経験を世界に生かす理想と情熱

北岡伸一『明治維新の意味』(新潮選書)

執筆者:五十嵐文 2020年10月12日
タグ: 日本
エリア: アジア その他

 明治維新150年にあたる2018年に起草された本書は、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって、当初の計画より上梓が遅れた。今日的なメッセージ性は、むしろ高まった感がある。

 世界はパンデミックによる閉塞のさなかにある。停滞を打破し、新たな発展をめざすには何をすべきか。本書は1世紀半近くも前、日本が驚くべきスピードで実現した変革の実態とその理由を解き明かすことで、現代の政治の課題を浮き彫りにする。

 北岡氏は、日本政治・外交史を専門とする学者であると同時に、国連大使や国際協力機構(JICA)理事長として、100を超える国々に足を運んできた。学問の世界にとどまらず、現実の政治や外交に深く関わる中で養ってきた現場感覚と、日本を常に世界から眺めるグローバルな視線が、本書を貫いている。

カテゴリ: 政治 カルチャー 社会
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
五十嵐文 1967年東京都生まれ。90年上智大学を卒業し、読売新聞社に入社。政治部、ワシントン特派員、北京特派員、中国総局長(北京)、論説委員を経て、現在は読売新聞国際部長。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top