ロシア版「戦狼外交」の主導権を握る「クレムリン強硬派」の面々

執筆者:名越健郎 2021年5月11日
エリア: ヨーロッパ
5月2日、モスクワのロシア正教会でイースターの礼拝に臨むプーチン大統領。だがその心境は「復活」ではなく「永久執権」(C)EPA=時事
対欧米強硬路線を突き進むロシア。その裏には、永久執権を狙うプーチン大統領を担ぐ、クレムリンに巣食う元KGBなどの強硬派の存在があるのだ。

 ロシアのプーチン政権がこのところ、内外政策でますます強硬路線を強めている。反体制活動家、アレクセイ・ナワリヌイ氏の組織を「過激組織」に認定し、活動を全面禁止する見通しだ。また、ウクライナ国境沿いに一時11万の大軍を展開し、ウクライナ侵攻の構えをみせた。欧米諸国とは、不毛の外交官追放合戦を繰り返している。

 5月5日の主要7カ国(G7)外相共同声明は、

カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top