インド「コロナ経験者」が語る「人災」と「ガバナンスの欠如」

執筆者:プレム・モトワニ(PREM MOTWANI) 2021年5月21日
エリア: アジア
ニューデリーにつくられた臨時受け入れ施設(C)AFP=時事
入院と引き換えに賄賂を求める民間病院、酸素濃縮器や治療薬で儲ける悪徳業者ーー。インドのコロナ経験者は「人災」と語る。

 

 4月に入ってから猛威を振るったインドの新型コロナ第2波が、全世界を驚かせた。筆者が住んでいる首都のデリーの陽性率は33%に達し、中には50%の都市もある。しかも、検査率が高くないため、実際はもっと高いはずである。

 人工呼吸器やICU(集中治療室)のある国立病院が不足していることで、4月中旬から死亡者が急増し、現在(5月17日)ではインド全土で連日4000人を超える死者が出ている。

 デリーを例に取ると、酸素濃縮器や酸素ボンベ付きのベッドが確保できなかったために車の中や道端で酸欠によって死亡する人も少なくない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
プレム・モトワニ(PREM MOTWANI) 元ジャワハルラール・ネルー大学言語・文学・文化学部日本研究センター教授。1954年生まれ。デリー大卒業後、ネルー大で博士号を取得し、96年、同大教授に。インドでの日本研究・日本語教育の第一人者で、歴代首相など要人の通訳を担当。日本経済も専門で日本型経営をインドに紹介し、2019年の退官後は企業のコンサルティングも手掛ける。20年11月、旭日中綬章受章。著書に『ニューインド最前線』(時事通信社、98年)、『早分かりインドビジネス』(日刊工業新聞社、07年)、『Becoming World Class: Lessons from ‘Made in Japan”』(Bibliophile Publishers、21年)、訳書に『India - The Last Superpower』(平林博元駐印大使著『最後の超大国インド』の英訳。Aleph Book、21年)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top