【完全版】AIと避妊薬で静かにウイグル人を消していく中国:『AI監獄ウイグル』著者の証言

執筆者:ジェフリー・ケイン 2022年3月5日
カテゴリ: 政治
エリア: アジア
単独インタビューに答える『AI監獄ウイグル』著者ジェフリー・ケイン氏
閉じられた権威主義体制の殻の中で、AI(人工知能)や生体認証、あるいは遺伝子プロファイルといった技術を使い、中国は異様で強烈なハイテク弾圧を押し進めている。現地を訪れ、168人のウイグル人の証言をもとに『AI監獄ウイグル』を上梓したジェフリー・ケイン氏に話を聞いた。(聞き手:長野 光、シード・プランニング研究員)

 平和の祭典オリンピックを開催中の中国。その一方で、世界各地ではウイグル人をはじめ少数民族への弾圧に対する抗議やデモが活発化している。弁護士や人権専門家らが集まり、英国で立ち上げられた民衆法廷「ウイグル法廷」は、昨年12月に、中国政府の新疆ウイグル自治区での行いはジェノサイド(民族大量虐殺)であると認定し、世界の注目を集めた。

記事の最後にジェフリー・ケインさんの動画インタビューが掲載されています。是非ご覧下さい。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
ジェフリー・ケイン アメリカ人の調査報道ジャーナリスト/テックライター。アジアと中東地域を取材し、エコノミスト誌、タイム誌、ウォール・ストリート・ジャーナル紙など多数の雑誌・新聞に寄稿。2020年発表のデビュー作SAMSUNG RISING:The Inside Story of the South Korean Giant That Set Out to Beat Apple and Conquer Tech(『サムスンの台頭』[未訳])はフィナンシャル・タイムズ紙とマッキンゼー社が主催するビジネス本大賞候補に選ばれた。2022年1月現在はトルコ・イスタンブールに在住。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top