プーチンの危機情報を発信する「SVR将軍」の謎

IN-DEPTH【ニュースの深層】

執筆者:古本朗 2023年3月15日
エリア: ヨーロッパ
SNS「テレグラム」の「SVR将軍」アカウント。その創設者と見られることの多いソロヴェイ博士(右下)は、YouTubeで自ら情報発信を続けている
クレムリン内部情報のリークでしばしばメディアに登場する「SVR将軍」。その正体は反体制派の情報機関OBか、あるいは体制派の策略か。

 ロシア情報機関元高官を名乗る謎の人物が主宰するSNSチャンネル「対外情報庁(SVR)将軍」が、ウラジーミル・プーチン露大統領の「心身の健康悪化」や「側近によるクーデター謀議」など、事実なら政権危機に直結する情報を、ウクライナ侵攻で苦戦するクレムリン中枢からのリークとして発信し続けている。

 真偽の検証が困難な内容が多く、同チャンネルを当局の情報操作のワナとする警戒論がある一方、当局の造反分子の暴露情報として信頼する識者もいる。「SVR将軍」をめぐる状況には、権限や情報を情報機関が独占するプーチン独裁下の警察国家の深い闇がのぞいている。……

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
古本朗 こもと あきら ジャーナリスト。『読売新聞』ニューヨーク特派員、モスクワ支局長、国際部長、取締役等を歴任。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top