悪党たちのソ連帝国 (6)

第6回 フルシチョフ 帝国の攪乱者(後編)

執筆者:池田嘉郎 2024年6月23日
タグ: ロシア
エリア: ヨーロッパ
キューバのフィデル・カストロ首相(左)と手を取り合うフルシチョフ・ソ連共産党第1書記[モスクワにて、1963年5月1日(肩書はともに当時)](C)AFP=時事
かつてのソ連に君臨した6人の悪党たちの足跡から、ロシアという特異な共同体の正体を浮き彫りにする好評連載第6回。権力を掌握したフルシチョフはスターリン批判で「ソ連帝国」の内外に衝撃を与えた。さらにアメリカを相手に瀬戸際外交を展開、キューバ危機を招来させる。

3. スターリンのいないソ連

フルシチョフの権力闘争

 スターリン死後、幹部会ビュローは直ちに廃止され、モロトフとミコヤンを含む従来の政治局の構成が復活した(名称は「幹部会」のまま)。モロトフ夫人ジェムチュージナも解放された。マレンコフが首相(従来はスターリン)となり、ベリヤが内相となり、モロトフが外相に復帰し、ブルガーニンが国防相となった。フルシチョフは党書記として「中央委員会の仕事に集中する」と発表された。1953年3月14日にはマレンコフが党書記の仕事から離れ、フルシチョフが党書記局で指導的役割を得たが、これは必ずしもフルシチョフの権限強化を意味しない。むしろ、今後はソ連政治の中心は政府・行政機構が果たし、党機構はそれをサポートするという構図が示唆されていた1

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
池田嘉郎(いけだよしろう) 1971 年生まれ。東京大学大学院人文社会系研究科教授。東京大学大学院人文社会系研究科博士(文学)。専門は近現代ロシア史。主な著書に『革命ロシアの共和国とネイション』(山川出版社、2007 年)、『ロシア革命 破局の8か月』(岩波書店、2017 年)、『ロシアとは何ものか―過去が貫く現在』(2024年、中公選書)、共著に『世界戦争から革命へ (ロシア革命とソ連の世紀 第1巻)』(岩波書店、2017年)、訳書にミヒャエル・シュテュルマー『プーチンと甦るロシア』(白水社、2009年)、アンドレイ・プラトーノフ『幸福なモスクワ』(白水社、2023 年)などがある。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top