「ケリーの弟」が今イスラエルを訪問する理由

執筆者: 2004年9月号
タグ: イスラエル
エリア: 中東 北米

 情報機関の機能不全を指摘した同時多発テロ事件の報告書の公表やイラクでの治安の悪化など、再選を目指すブッシュ米大統領にとってはマイナス材料が続出している。一方で、民主党ケリー候補の人気も広がらない。 そんな状況下、ケリー候補の弟キャメロン・ケリー氏が七月中旬にイスラエルを訪問したことが、ニューヨーク州やカリフォルニア州、ミシガン州といった大票田の動向を大きく左右するユダヤ票固めに向けた行動として注目されている。 キャメロン氏はイスラエルのシャローム外相と会談したほか、ヤド・ヴァシェム・ホロコースト記念館を訪ねた。キャメロン氏と外相の会談後、イスラエル外務省は「米国とイスラエルは特別な関係にあり、あらゆる政策で一致している」、「民主主義、自由、戦略的利益という共通の価値観を持つ両国の関係はますます強まる」との声明を発表。ケリー候補が大統領選で勝利した場合、イスラエルとの関係に配慮し続けるよう暗に求めている。

カテゴリ: 国際
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top