2050年の世界

執筆者: 2011年1月21日
カテゴリ: 金融

 昨日、2010年の中国のGDPが日本を抜き世界2位になることが大きく報じられました。日本は1968年以来守ってきたナンバー2の座を空け渡し第3位に転落したわけですが、失われた10年あるいは20年と言われてきた日本がよく今まで2位を保っていた、という気もいたします。昨年9月の記事「中国経済の変調――成長構造の老化が始まった」などでも触れていますが、中国経済にも課題は山積しています。

 本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー 台頭する中国と『2050年の世界』」です。世界2位の経済大国となり、軍備を拡張する中国。アメリカを抜いてナンバー1になる時期については様々な説があります。一方、日本はどうなるのか。国内では悲観論しかありませんが、外からの評価はそう悪くないようです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top