マカオの隆盛を支える中国人客

執筆者:フォーサイト編集部 2011年1月26日

 本日の更新記事は、竹田いさみさんの「80時間世界一周(73)息を吹き返したマカオの隆盛」です。旧暦のお正月「春節」を祝う中華圏の人々にとって、今年は2月3日が元日にあたります。そこで多くの富裕層が向かうのが、今や米ラスベガスを抜いて世界最大のカジノ都市になったマカオ。リーマン・ショックを乗り越え、その勢いは止まりませんが、隆盛を支えているのは「中国人の大群」です。記事と直接の関係はありませんが、文中にも登場するマカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏一族の資産をめぐる内紛が、昨日から大々的に伝えられています。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top