百済の滅亡、ドイツへの懸念

執筆者:フォーサイト編集部 2011年5月6日

 5月2日はオサマ・ビン・ラディン容疑者が殺害されたことを受け、池内恵さんの「ビン・ラーディン死亡の中東への影響」と春名幹男さんの「ビン・ラディンのレポ役割り出しが決め手に」を速報でお伝えしました。今後も続報をお届けする予定です。

 本日の更新記事は2本。
 「国際人のための日本古代史(15)愚かな王は人々を不幸にする」(関裕二さん):今回の主役は、数々の判断ミスで、百済国を滅亡させてしまった豊璋。日本の現首相と、どことなく似ているようにも見えます。

 「『変わり始めたドイツ』への懸念」(花田吉隆さん):自国の利益を第1に考える「普通の国」になりたい、と声を上げ始めたドイツ。しかし、いまやドイツは域内総生産の3割を占めるEUの超大国。周辺諸国の不安は募ります。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top