キャメロン英首相の躓き

執筆者: 2011年5月17日

 5月13日の「行政ウォッチングの部屋」のエントリ「東電賠償スキームに関する嘘」で原英史さんが指摘しているように、この賠償スキームは相当問題があるものです。「東電の救済ではない」「電力料金は上げない」「国民負担にはならない」といった菅総理、枝野官房長官の発言は、決定文書には全く書かれていません。実際にはほとんど逆のことが書かれています。にもかかわらず、新聞・テレビなどの大手メディアの追及は非常に甘い。このままこの枠組みを進めていいのでしょうか。フォーサイト・フォーラムに「東電賠償スキームについて」というトピックを立ち上げました。皆様のご意見をお待ちします。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top