「チャベス後」が語られ始めたベネズエラ情勢の急転

執筆者:遅野井茂雄 2011年7月4日
エリア: 中南米

 健康問題もあり指導力の低下が観測されてきたウゴ・チャベス大統領(1999年から在任)が、病気治療のため長期に国を空ける異常事態が続いている。「チャベスなきチャベス主義か」(7月1日付英誌『エコノミスト』電子版)、「もしウゴが逝けば」(Michael Shifter,“If Hugo Goes,”  Foreign Policy 、6月28日付電子版)と、にわかにチャベス後を睨んだ論調が出始めた。

 エクアドル、ブラジル歴訪に続き、6月8日訪問先のキューバのハバナで体調を崩し、治療のため公の場から姿を消したことから、56歳の大統領に一時は重体説まで飛び出した。29日にはカストロ前議長と歓談し健在さを伝える映像が流されたものの、同日ベネズエラ外務省が7月5―6日にマルガリータ島で開催予定であった第3回中南米カリブ諸国首脳会議を大統領の病気療養を理由に延期すると発表したことで、病状の深刻さが裏づけられるに至った。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
遅野井茂雄 筑波大学名誉教授。1952年松本市生れ。東京外国語大学卒。筑波大学大学院修士課程修了後、アジア経済研究所入所。ペルー問題研究所客員研究員、在ペルー日本国大使館1等書記官、アジア経済研究所主任調査研究員、南山大学教授を経て、2003年より筑波大学大学院教授、人文社会系長、2018年4月より現職。専門はラテンアメリカ政治・国際関係。主著に『試練のフジモリ大統領―現代ペルー危機をどう捉えるか』(日本放送出版協会、共著)、『現代ペルーとフジモリ政権 (アジアを見る眼)』(アジア経済研究所)、『ラテンアメリカ世界を生きる』(新評論、共著)、『21世紀ラテンアメリカの左派政権:虚像と実像』(アジア経済研究所、編著)、『現代アンデス諸国の政治変動』(明石書店、共著)など。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top