技術で背伸びする中国

執筆者:フォーサイト編集部 2011年8月2日

 菅首相夫妻が国会で号泣した海江田経産相を批判したそうです。この夫婦は一刻も早く首相公邸を立ち去るべきですが、海江田氏への批判は妥当なものでしょう。海江田氏はご自身を「上司に仕事を邪魔されるかわいそうな自分」、あるいは悲劇のヒーローとでも思っているのかもしれませんが、この人が実際にやっているのは経産官僚の口車に乗って、従来の原発政策を推し進めているだけです。被災者への補償の国民負担分を増大させる「東電救済法案」(原子力損害賠償支援機構法案、明日3日に成立予定)を遮二無二進めたのもその一環。変な勘違いをしないで、即刻辞めるべきです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top