「強くて賢明な首相」をどう選ぶか

執筆者:フォーサイト編集部 2011年8月18日

 政局は菅直人首相の退陣がほぼ確定し、次期首相選びに移っています。しかし、民主党代表選の日付も確定せず、もう少し選挙運動の期間をおくべきではないかという意見も強まりつつあります。

 本日の更新記事は、待鳥聡史さんの「どうすれば『強くて賢明な首相』を選べるか」です。ここ10年の政治を見ると、総理大臣として圧倒的な安定度を誇ったのは小泉純一郎首相です。しかし、制度的にはその後も首相には強大な権限が与えられています。それでも小泉後の首相が安定した力を発揮できなかったのは、彼らが総理大臣の強い権力を持ちながら、それを適切に行使する賢明さがなかったからでしょう。この現状を打破するためには、総理大臣の選出方法を考えなければなりません。このままドタバタと次期首相が決まっていくことが賢明とは思われません。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top