携帯電話戦争の現在

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月4日

 東京電力は福島第一原発2号機で放射性キセノンが検出された問題で、「臨界」が起きた可能性を否定。しかし、10月7日の記事「炉心はどこへいった?――意味なく『周辺温度』を発表する東電『空蝉情報』の怪」で指摘したように、「冷温停止に向かっている」とされる原子炉の状態について、疑念を抱かせる結果となりました。いずれにしてもこうした情報は、事故を起こした張本人である東電から出ているわけで、その情報がどこまで正しいのか、国民の不安は尽きません。4月7日の記事「『所有者』に任せるな:『原発危機対応』最低限の改善点」、4月26日の記事「東電経営陣『居座り』の危険性」をお読みになればお分かりいただけると思いますが、事故に責任を負う、組織としての継続性を有する東電に、事故処理をそのまま任せているのは、大変危険なことなのです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top