アラブの春とイラン、中国、イスラエル

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月7日

 ギリシャは大連立が成立し、パパンドレウ首相は退陣するようです。昨年2月号の記事ですが、「欧州を揺さぶるギリシャの『シャドー・エコノミー』」は、今回のギリシャ問題を理解する上で、非常に参考になります。本日の日本経済新聞は来年秋の東証と大証の合併を1面トップで報じています。こちらについては、8月10日の記事「ビジョンなき『東証・大証』統合交渉の不毛」をどうぞ。

 本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(41)アラブの春と『イラン』『中国』『イスラエル』」です。アラブの春は、「経済の頭」で考えても、この1年に起こった最大の出来事。今のところ大きな影響を受けたようには見えないイラン、中国、イスラエルなどの国でも、これからじわじわと波紋が広がりそうです。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top