「ミャンマーの春」は本物か

執筆者:深沢淳一 2011年11月30日
カテゴリ: 国際 金融
矢継ぎ早に改革政策を打ち出すテイン・セイン大統領(c)AFP=時事
矢継ぎ早に改革政策を打ち出すテイン・セイン大統領(c)AFP=時事

 ミャンマーで起きている民主化への動きは、さらに拡大を続けている。11月中旬にインドネシア・バリ島で行なわれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の一連の首脳会議で、ミャンマーは2014年のASEAN議長国就任が認められ、国際社会への本格復帰に向けて大きく踏み出した。一方、軍政時代に弾圧を受け続けた民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさん率いる「国民民主連盟(NLD)」は次回の国会補選に参加し、議会内から民主化に関与していく道を選択した。ミャンマーの民主化は新たな局面を迎えようとしている。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top