政策を大転換したミャンマー

執筆者:フォーサイト編集部 2011年11月30日

 米軍普天間飛行場を名護市辺野古へ移転するための環境影響評価書に関して飛び出した不適切発言。発言の主である防衛省の田中聡・沖縄防衛局長(防衛省の地方組織である沖縄防衛局のトップ)は更迭されました。常識がありません。一体何をやっているのでしょうか。更迭を迅速に発表したのが、大臣の適格性を疑問視されている一川氏(フォーサイト・フォーラム「宮中晩餐会を欠席した一川防衛相」参照)というのも、脱力感を誘います。

 本日の更新記事は、深沢淳一さんの「『ミャンマーの春』は本物か」です。今年3月に就任したミャンマーのテイン・セイン大統領は、8月に民主化運動指導者アウン・サン・スー・チーさんと初めて対話し、国外亡命者の帰国歓迎を表明、9月には中国資本が軍政との契約に基づき進めていた巨大ダムの建設中止を表明しました。テイン・セイン氏は軍政時代の最高実力者であるタン・シュエ氏の側近中の側近と言われてきただけに、ここまでの政策大転換は驚きです。民主化の動きは本物なのでしょうか。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top