火力発電分離、重慶

執筆者:フォーサイト編集部 2012年2月9日
タグ: 中国

 本日の更新記事は、新田賢吾さんの「東電『火力発電分離』の意味を考える」です。未曾有の大災害を引き起こした東京電力。解体はやむを得ないことですが、現在進められようとしている火力発電所分離については、十分にそのメリット、デメリットが検討されていません。この動きの背景には、電力業界の主導権を握りたい経済産業省の思惑も見え隠れしています。

 「専門家の部屋」では、「中国」に「重慶で何かが起きている」(野嶋剛さん)の新エントリ。秋の指導部交代で、次期首相就任の可能性も取りざたされる重慶市トップの薄熙来。腹心の王立軍が解職されたことで、様々な情報が飛び交っています。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top