古代における裁き

執筆者:フォーサイト編集部 2012年5月8日

 本日の更新記事は、関裕二さんの「国際人のための日本古代史(26)古来、人はどう裁かれてきたか」です。熱湯に手を入れて有罪、無罪を決する「盟神探湯」は、日本書記に3回記録されています。何と野蛮なシステムかとも思われますが、では現在の司法制度は完璧なのか。人間社会にとって、裁きの公正さは永遠の課題です。

 「専門家の部屋」では、「アメリカ」に「2004年大統領選との相似――『接戦州』3州が焦点に」の新エントリ。アメリカ大統領選は、「十分な信任を受けていない現職」と「魅力に欠ける挑戦者」の争い。いずれも地滑り的な勝利は望めず、オハイオ、ペンシルベニア、フロリダの「スイング・ステート」での勝敗が雌雄を決するとみられます。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top