オランドの公約、「専門家の部屋」5本

執筆者:フォーサイト編集部 2012年5月14日
カテゴリ: 金融

 本日の更新記事は、田中直毅さんの「経済の頭で考えたこと(49)オランドは公約を破らざるを得ない」です。財政協定をめぐるドイツとの再交渉を約束して大統領に当選したオランド氏。しかし、緊縮財政を行なわなければ、欧州経済の不安定化は収まりません。オランド氏の胆力が試されます。

 「専門家の部屋」では、5本の新エントリ。


 「オバマ大統領『同性婚容認』の政治的計算」(アメリカ、足立正彦さん):突如、同性婚容認を打ち出したオバマ大統領。これは政治的な賭けです。


 「『賈慶林のタイ訪問』と『インラック首相のプレム議長邸訪問』」(東南アジア、樋泉克夫さん):タイを訪問した中国共産党No.4の賈慶林が、「最高実力者」のプレム枢密院議長と会談。その後、プレム氏は天敵のはずのインラック首相と密談。タイと中国の蜜月は深まり、中国を媒介にタイの政治状況も変わりつつあるのかもしれません。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top