メガバンクの公共性

執筆者:フォーサイト編集部 2012年5月30日

 本日の更新記事は、杜耕次さんの「やっと納税再開『メガバンクの公共性』を問う」です。膨大な利益を上げながら、長い間法人税を納めてこなかったメガバンク。銀行が納税を免れてきたのは、法人税について過去に積み上げてきた欠損金を繰り越し控除できる制度のおかげなのですが、一方で経営陣の報酬は納税の前にアップさせていたと見られています。東京電力への融資、オリンパス問題への関与でも不透明な動きが目立つメガバンクの公共性について考えます。

 「専門家の部屋」では、「東南アジア」に「来たるべき習近平政権の華僑・華人政策」(樋泉克夫さん)の新エントリ。世界の110ほどの国と地域で活動している華僑や華人組織の代表者600人が北京に集いました。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top